2018/10/01

「TOYRO BUSINESS Vol.182」を発行しました。

■今号では、わが国の大きな課題である「財政健全化」について、特集を組みました。小塩隆士教授には社会保障に関わる問題、左三川郁子主任研究員には金融政策と財政政策との接点に関わる問題、高橋亘教授には財政規律確立の方策についてご寄稿いただきました。また巻頭言では、三宅康久氏から備中松山藩における山田方谷の財政再建についてご寄稿いただきました。

■7月に開催したTOYROランチセミナーでの加護野忠男先生の講演(「松下幸之助に学ぶ経営」)要旨を掲載しております。先生は、松下幸之助氏が経営理念を「水道哲学」から「共存共栄」に変更したことや、優れた技術力ではなく、「優れた経営」で立派な会社をつくりあげたことなどを高く評価されています。

■「高論卓説」では安井肇氏が知的資産経営について「経営が最大の知的資産とも言える」と書いておられます。