2018/09/18

グラスアートのティッシュケース作り

2018年9月12日開催

 グラスアートは、鉛のリード線と色褪せしない特殊なカラーフイルムを使い、手軽にステンドグラスの雰囲気を楽しめるイギリス発祥のクラフトです。また、リード線もフイルムもシールタイプで取り扱いが簡単かつ安全なのが特徴です。
 今回はティッシュケースにバラの花をあしらいました。作り方は、ケースの裏側に図案を貼り、表からシールタイプのカラーフイルムとリード線を図案に合わせて貼ります。ポイントは、張り直しが出来ないフイルムの位置決めとリード線を順番通り貼り滑らかな湾曲に仕上げることです。とても集中力が必要でした。
 皆さん、終始慎重に作業され、「頭の体操になった」「久しぶりに夢中になれて面白かった!」と完成品に大変満足れました。