2018/06/28

「TOYRO BUSINESS Vol.181」を発行しました。

■今号の特集は「社会人の学び直し」です。現代は、急速な技術革新が進み、かつて習得した知識・技能が陳腐化する一方、長寿化に伴い長く働くことが求められています。この課題を解くカギとして、「学び直し」あるいは「学び続ける」ことが注目されています。今号では、新野幸次郎神戸大学名誉教授へのトップインタビューのほか、柳川範之東京大学教授、坂本清恵日本女子大学教授、加護野忠男甲南大学特別客員教授から、「リカレント教育」に関する論考をいただきました。また、「学び」をテーマとした巻頭言を湯浅邦弘大阪大学教授からご寄稿いただきました。

■「企業探訪」は、澤田株式会社様を取り上げました。当社は、①ニット原糸の企画・販売、②ニットウェアのOEM、③自社ブランドのニット製品の販売を手掛け、自らを“ニットカンパニー”と定義されています。同社は、「はじめることをやめない」の社訓のとおりに、常にチャレンジ精神を発揮し、業容を拡大されています。

■「大学と夢を語ろう」では、関西大学の河合康人名誉教授にお話を伺いました。建築音響が専門の河井先生は、ご自身が確立された「エッジ効果抑制理論」に基づいて、遮音壁を回り込む騒音を遮蔽するパネルを開発されました。このパネルの開発により、遮音壁が従来に比べ大幅に低くて済み、コストダウンや景観の保全などに、大きな効果を発揮しています。

■「TOYRO BUSINESS Vol.181」の記事の一部をホームページに掲載しています。是非ご覧ください。