2018/05/25

「嚥下障害」を知り、食を安全に楽しむ

2018年5月18日開催

 関西労災病院の野﨑園子先生をお招きし、近年、シニア世代の方の関心が高まっている「嚥下障害」をテーマにお話しいただきました。
 最初に、嚥下のメカニズムや、嚥下障害の症状などについて、画像を示しながら解説されました。次に、先生のご指導のもと、お茶、スティックパン、スナック菓子、こんにゃくゼリーなどを皆さんとご一緒に、実際に飲食しながら、嚥下体験を行いました。口を閉じなければ、食物はうまく飲みこめないことや、柔らかそうなパンが、唾液と混ざると膨らんで、意外にも飲み込みにくくなることなどを皆さんに実感していただきました。その他、嚥下と薬の服用や、災害時の対策についてもお話しいただきました。
 参加者からは、「とても参考になり良かったです」とのご感想をいただくなど、有意義なセミナーとなりました。